「産フェス自分に生きる」出店レポ♪

さとう式リンパケアケアインストラクターの大関朋子さんからの紹介で産フェスに初出店でした。

事前に関係者打ち合わせが2回あり、どちらも参加。

産フェスってなんだろうという疑問も持たずに参加したから関係者打ち合わせに出席するとほとんどの出店者さんは助産師さん!

助産師さんって私くらい以上の年齢のイメージが強かったけど、みなさん若い!!

そしてみなさん、性や命に関わる情熱が熱い!

これは生半可な気持ちで出店してはいけない!!

産フェスのテーマは

「自分を生きる」

関係者打ち合わせでみなさんの意見を聞いて自分の今を考える出店になりました。

私はなぜアロマを使っているのか。

もともとは友人の匂いに対する考え方がきっかけでした。

彼女は更年期と自分自身に悩みをもち自分自身の匂いが不安になり一定の距離から近づかせてくれなくなりました。私はどうしたら理解できるのだろうと考えついたのが匂い=アロマテラピーです。

アロマテラピーに触れてから4年目になりました。

4年前は私はまだ44才。

更年期と言っても先輩方からみたらまだひよっこです。

目に見えない更年期に苦しんだのは46才でしたからまだまだ序の口の年齢でした。

何でもの忘れがあるの?

2つ以上のことが覚えれない

覚えれないのが苦しい

46才に私自身も悩み、でも救ってくれたのがアロマテラピーでした。

アロマの香りでもの忘れが回復したのではないです。

いまの自分を認めることができた。

ただ、それだけの事!

簡単にやってのけられる人もいると思うけど私には簡単ではなかった。

アロマの香りが私の深く傷ついた心を癒して私、いまリラックスできている。人の声が素直に聞こえる。

それからは、それが私だから

って笑えるようになりました。

アロマテラピーだけではなく、現代社会はいろんな統計学や占いがあり、自分を癒す、生きるためになるきっかけのツールがググると簡単に調べる事ができます。

でも、みているだけでは全然前に進んでいないと思うです。

産フェスや身近なイベントで体験してみてください。

自分に合った癒しやツールが見つかると思います。

アロマにもかわいいアイテムがあって無理せず簡単に癒す方法があります。

いま一押しがアロマペンダントネックレス!

何これ、かわいい、いいな〜って声が漏れていました。

女の子は作りたかったみたいで、物販だったのでごめんなさいしました。

アロマ心理学仲間にはアクセサリーを販売している子もいるから相談してみます。

自分の将来の夢や想いを声を聞かせてください。アロマの香りと一緒に叶えるサポートができたら嬉しいです😊


The following two tabs change content below.
鈴木香苗

鈴木香苗

オーナー『Kana Lien』 (カナリアン)
愛知県額田郡幸田町で主人と2人の思春期の子育てをしながら奮闘中!(^^)!さとう式リンパケアに出会いセルフケアマスターになりました。さとう式リンパケアのセルフケア、アロマテラピー、クレイテラピーなどの自然の恵みから身体と心を整えるサポートをします。