疲れにくい歩き方は

昨夜、新潟にて震度6強の地震があり一時は津波注意報も発令されていました。
東北の皆さんは眠れない夜を過ごしたのではないかと思います。

大きな地震など起きて欲しくはないですがこればかりは願う事しかできません。
どうかしばらくは皆さん安全な場所で過ごしてくださいね。

倒れた家具や身の回りの整理整頓をしたり、避難所の生活にストレスを感じている方も少なくないと思います。

私自身、過去に東海豪雨で避難解除になったあと、避難所から自宅に戻ってからが一気に疲れがドバッと出てきたけど片付けに追われ心身が休まるまで時間がかかった記憶があります。

比較対象が全く的外れですが地震の影響は自身が思う以上に心身にダメージがあるのではないかと感じています。

片付けに体を酷使するのではと思うので、なるべく体の負担が軽くなる歩き方を伝えたいと思います。

歩く時にみなさん、手のひらはどちらをむいていますか?

手の甲と手のひらどちらが前を向いていますか?

何も持っていなければぜひ、手のひらを前に向けて歩いてみてください。

手のひらを前に向ける事で胸が開きます。
呼吸がしやすい、肩の力を抜けるなど違いを感じませんか?
試しに手の甲を前に向けて歩く事との違いを比べてみてください。

手の甲を前に向けて歩くのが苦手、痛いという方は痛くないところでストップして歩いてみてください。

痛いのに無理にする事は返って体に負担が起きやすくなります。

そして歩くときは前足を軸にするのではなく、後ろ足を意識して歩き、足裏の母指球を掴むイメージで足を地面についてみてください。

よく分からないという方にはさとう式リンパケアにはフレクサーソックスという靴下があります。

若いママさん達にとても人気があり、子供を抱っこする時に靴下を履くとなんか楽〜♫と嬉しい感想を頂いています。

身体の荷重をかける足の着き方が履く事で変わるからです。

一日中、立ち仕事する方も手放せないなど幅広い世代に愛用されています。

もっと詳しく靴下のことを知りたい方はこちらへどうぞ!

そして靴下を使用する時は体の負担が軽くなる、作用している感覚を体感してもらいたいです。

1日でも早いいつも通りの生活へ戻ることをお祈りしています。


The following two tabs change content below.
鈴木香苗

鈴木香苗

オーナー『Kana Lien』 (カナリアン)
愛知県額田郡幸田町で主人と2人の思春期の子育てをしながら奮闘中!(^^)!さとう式リンパケアに出会いセルフケアマスターになりました。さとう式リンパケアのセルフケア、アロマテラピー、クレイテラピーなどの自然の恵みから身体と心を整えるサポートをします。
鈴木香苗

最新記事 by 鈴木香苗 (全て見る)