肩こり腰痛の痛みが楽になるセルフケア

肩こりや腰痛などのピリピリした痛みは私も苦手です。
6月になると梅雨になり体全体が重く感じやすくなり浮腫みやすくなります。

さとう式リンパケアの基本は押したり揉んだり引っ張たりしない画角的なケアです。

動画をみたけど全然効果がないというお話を聞きました。

セルフケアの簡単な注意点を書きました。

上手くできないという方は無料講座をしますのでリクエストしてくださいね。

※注意点
・体にさわる時の圧は20g以下
・一生懸命にやらない
・頑張らない
・耳から腕を動かす
・痛気持ちいいは圧が強い

筋肉に優しく触れることで縮こまった筋肉が柔軟で弾力性を付けることができます。

間違ったケアは筋肉がより硬くなり肩こりから腰痛、頭痛、ひざの痛みなど様々な症状が現れやすくなります。

さとう式リンパケアの3つの基本

①体は腔で構成されている

体は口腔、胸腔、腹腔の3つの腔から筒状の形にきれいに保っている事でリンパ間質液(体液)が体内を滞りなくながれ細胞に栄養と酸素を届けていることで新陳代謝が活発になり老廃物も体外へ排出されやすくなります。

しかし筒状の形が押しつぶされると老廃物が流れにくくなり細胞へ栄養と酸素が行きわず活性酸素などが過剰にふえたり老廃物が滞りやすくなります。

②支持筋は屈筋

体は関節を曲げる時の「屈筋」と関節を伸ばす時「伸筋」の2つの筋肉がバランスを保ち私たちを支えています。

赤色が「屈筋」・青色が「伸筋」

肩こり腰痛の起きる場所は青色の「伸筋」です。
肩こり腰痛の原因は赤色の「屈筋」の筋肉が硬くなり縮こまる事で引っ張られ筋肉のバランスが保つことが不可能になります。

女性の悩みの部分は伸筋だと思います。

屈筋の筋肉を緩めることが肩こり腰痛が楽になる近道になります。

③筋肉をゆるめる

筋肉が硬く縮こまるとリンパ間質液(体液)を体内へ流れが悪くなり老廃物が排出が遅くなります。
優しいタッチケア、呼吸、揺らしの微弱振動が本来持っている柔軟やしなやかさのある筋肉へと取り戻すことが可能です。
そしてリンパ間質液をたくさん含むことができリンパ間質液の循環もスムーズになります。

かなえとまちの身体よろこぶレッスン(全日託児付き)

小顔整顏のたねだまちさんとのセルフケアコラボレッスン

1日目:5月28日(月) セルフ小顔整顏(デコルテ~前頭部・耳たぶまわし)
2日目:6月12日 (火)  セルフ小顔整顏(お顔・バストアップ)
3日目:6月25日 (月)  正しい姿勢と肩こり腰痛改善
4日目:7月9日 (月)  足と靴のお話・ヒップアップ
5日目:7月23日 (月)  歩き方とフットケア&総まとめ

体験費用
単発1講座 3500円
5講座   16,500円(1000円お得)

会場
レンタルスペースなないろ(幸田町内)

お申込み先→https://ssl.form-mailer.jp/fms/2bc197ab564457


The following two tabs change content below.
鈴木香苗

鈴木香苗

オーナーリンパケアサロン 『Lien』 (リアン)
愛知県額田郡幸田町で主人と2人の思春期の子育てをしながら奮闘中!(^^)!さとう式リンパケアに出会いセルフケアマスターになりました。さとう式リンパケアのセルフケア、アロマテラピー、クレイテラピーなどの自然の恵みから身体と心を整えるサポートをします。
鈴木香苗

最新記事 by 鈴木香苗 (全て見る)